ねえ夢みたいな心地

=42.Twitter@CafeNhaao

即席合間作品

即席合間作品−理想主義者最後の手記 15 Oct 1996

明らかに僕の文が面白くなくなったのは何かを学ぼうとしてからで、しかしこれが懐古主義のそれであることを望むばかりだ。 日本語は難しいなと感じる。僕は普段音にした日本語を町の雑音と同じくらいめちゃめちゃディスってるけれど、文の日本語はめちゃめち…

即席合間作品−句読点、読点へ

全知全能の症状が出て全治一生の申告を受ける。医者の言う 死ぬまで治んねえよ の一言が、頭の中で焦ったうさぎみたくぐるぐると回っている。 街を歩けば読み取りたくないものまでが読み取れてしまう。男の腕に手をまわす女が隙を見て僕に色目を使ってくる。…

即席合間作品−Les Champs-Élysées

どうにもこの朝は気分が良くって、この通りを歩く人には勿論、鳥や花や木々にでも挨拶をしたい気持ちだった。 結局のところそれらに挨拶をすることはないのだけれど、それでも一際に美しい君を見つけたらそうするしかなかった。突然に話しかけられた君は怖が…

即席合間作品−嫌い

この夏は嫌に障る。いや、おそらくは毎年の事なのだろうけれど、一年ぶりにやってきたものだから今の嫌悪感が特別に思えてしまう。 無駄に冷えた電車も、改札までの道順も、喫茶店までの人混みにも苛立ってしまって、その度に音楽のボリュームが上がっていく…

即席合間作品−調律(常

世に溢れた名言botが語るこの世界の攻略法は酷く当然の事を言っているみたいで、それを有難がって群がる阿呆、無駄な同意の主張により双方の欲求を満たすだけの公開自慰マン達に嫌気が、そして落胆する。 そんなクソ程くだらない非可燃性の命よりも、僕には…

自己啓発書−『人生を豊かにするためには』

今回我が「ねえ夢みたいな心地」では本誌で掲載中の『即席合間作品』や『ドドド記』でしられる『ドリ山ドリーのドリ山創造記』の著者、Nhaao氏に接触することに成功した。 氏は幼少期にアメリカのアニメや国内の漫画から影響を受け、西の美術科に籍を置き洋…

即席合間作品−調律(序

耳鼻咽喉科受付の女性が可愛い。 もう聞き飽きた先生の話す注意事項を受け流して帰る準備をする。貰った薬を飲まないことも、イヤホンを通した音楽を大音量で聴いていることも、近くの煙草屋で両切りを買っていることも先生は知っているくせに何も言わない。…

即席合間作品−たなばたさま

ねえ、私のお願いちゃんと届くかな 我が子が瞳を輝かせて私に問う。 いい子にしてればきっと届くよ だからちゃんと好き嫌いなく、早寝早起きしようね 娘は満足そうに元気に返事をして、空を見上げては笑っている。 お星さま、綺麗だね お月さまも綺麗よ 何年…

即席合間作品−渡り廊下と昇降口 Dちゃん

僕が小学生の頃好きだった女の子、クラスメイトに噂されてる女の子じゃなくて、僕のことが好きだった隣の席の子でもなくて、一つ年下の可愛い女の子。 よく友達二人と一緒にいて、いたずら好きで、僕の方が年上なのにからかってくる。水色の服がよく似合って…

即席合間作品−実在する団体とか個人とかとは一切関係ありません

こんばんは、ニュースの時間です。 今日未明、平日であるにもかかわらず多量のアルコールを摂取したとして補導された21歳の学生が一限から登校し、大学が終わるとまた夜の街に繰り出したとしてSNSなどで波紋を呼んでいます。 学生を知る友人によると 「あい…

即席合間作品−残念青春レイディオ

今週も残念青春レイディオの時間となりました 最近の暑さには参ってしまいますね。最高気温が30℃を上回ることが多いようで、これ梅雨明けたらどうなっちゃうのって思います。どうも残念青春レイディオパーソナリティ、畠場 落です。 『残念、青春レイディオ…