読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の思考

頭の中にある嘘か本当の事を書きます。Twitter@CafeNhaao

APCBNレポート

諸君、私だ、私は邪悪な科学者である。一日の睡眠時間は12時間、寝床にいる時間はおよそ18時間の邪悪な科学者である。身長は180センチ(本当は179.8センチ)体重は54㎏、好物はピーマン(生)愛読書は「いちご100%」そう!私が邪悪な科学者である。 突然だが…

否定はしない

僕はそんなに人を馬鹿にしているように見えるだろうか。 確かに僕は観察する方だし、その観察の結果に不可抗力で笑うことがあるけども、それは否定ではないし、なんなら好きだったりもする。 昔からの僕を知る人は言う。 「こいつは昔からこうだ」と 確かに…

邪悪な感情と確かな欲求

動画サイトなどに上がっている政見放送やよくわからない意味のないような動画に対して、自分わかってますよ感を出すコメントをする人間の顔面を殴りたいから筋トレを始めた。 これは至極純粋な動機である。 至極純粋な、嫌悪感にもならない苛立ちでありそし…

ごめん、僕それGoogleMapでやったわ

走れよ、走れ。 ゴールなんて探している暇があるのなら、走ることだけしてればいいだろ。 瞼と瞳に生まれる隙間は、生温い風で埋めてやるから。 すぐに北に走れ、今ならまだ間に合う。 そして西へ走れ。 東へ走れ。一直線に。 また走るのなら南へ走れよ。言…

お終いでもないの

続き 躓いた石ころを拾ってみると、星の光や月明かりが僕らを照らした。 そうか、ここが。 すべてを理解したから、そのまま海の底へ歩いて行った。 お終い

落としもの

続き なにも見えず、なにも聞こえない。 ただ歩き続けていたら何かに躓いた。 海の音が聞こえる。波を作る音だ。 躓いた原因を確認しようとして見たら、なにか憶えのある何処にでもあるような石ころだった。 続く

Portal

続き 陽は落ちて、闇が街灯を包んだ。 少しだけ追えていたあの光は、もうその影すら捉えられなくなった。 音すらを喰い殺したそれは、ただの闇だ。 続く

走るな

続き 誰かが持って行ってしまったんだ。星の欠片が落とす光を追いかけた。 まだそう遠くへ行っていない、光を追うことが出来る。 陽が落ちれば、光はもっと強くなるはずだから。 続く

バナナフィッシュは食べ過ぎた

続き どこにでもあるような幸せを見つけたとき、目指すべき闇との差異を感じてはどうしようもない嫌悪感に包まれる。 ああ、見つけたよ、星の欠片があった場所 小学校の下駄箱に星の欠片の跡だけが見えた。 続く

A PERFECT DAY FOR BANANAFISH

続き 星の欠片を探してはいるけれど、見つかりはしなかった。 続く

始まりでもないよ

続き 魔法使いに憧れた。 どんな棒切れも魔法の杖に変えてしまう、そんな魔法使いが好きで、凄くクールだと思った。 彼らは玩具の魔法の杖を使って魔法を使う。 僕もそうしたいと思った。 君は魔法を使って何がしたいの なんて聞かれても、いまはまだ何も考…

DROP A STAR

続き 君に興味が無いわけではないんだ。 唯、僕が他に興味無いだけで。だから他も僕に興味がないと思っているだけ。 いくら人が好きだと自分を偽っても、誰が死んでもなんとも思わなくて、自分の内に自分が生まれてから他人を愛することが出来なくなった。 …

TO YOU

続き 月の映った水面を掬って満足そうな表情を見せる君に覚えたのは、苛立ちと不満と嫉妬と嫌悪で、自分のやっていることが馬鹿らしく思えたから君に全部を渡した。 両手分の月しか受け止められない君だけど、それでも馬鹿なだけの一生懸命な君で、僕のすべ…

瞳の色

何もかもを否定できる自分がいる。 ただの口癖だと思われているであろう、僕の"頭が悪い"といったフレーズは決して反射的に口から出るのではなく、実際に目の前で起きた出来事に対する感想でしかない。 この世に起こる結果すべては自らの責任だと認めるべき…

Evil love

狭い道を老人に譲ることが美徳とされる社会に用はない。 神に誓った言葉も守れないのなら、何もしなければいいのに。

端的に申す

風邪をひいた。 鼻水がすごい。

僕の思考より、愛を込めて

みんなつまらない個性に縛られて、それを主張している。 背が高いとか、音楽が好きだとか、オシャレだとか、頭が良いとか悪いとか。 好きなだけではいけない、周囲に好きだと認められなければいけないのであれば僕は、君達の代わりに透明の涙を流そう。 色な…

Ain't got power

やる気が出ない。 やる気が出なさすぎる。酷く憂鬱な心持ちで一日を迎え、そしてそのまま一日を終える。 一つのものから全てを捨てて、やりたい事からやりたくない事、やるべき事までを左手で放った。 僕は左利きだ。(左利きは早死にらしい。一説によると、…

あー

フランス行きたかったなー

邪悪な研究「大衆は何を考えるか」〜関東支配のために〜

散々他人を馬鹿にしてきた僕だけど、思うところがある。 本能ってすげー。 かなり頭の悪い人間を見てきたけれど、大体の頭が悪い人間は恋だの愛だのに興じている。これは凄いことだと僕は思った。 むしろ頭が悪いのは僕みたいな人間のほうを指すのではないか…

魂を喰らう魔法

邪悪な魔法を紹介しよう。 邪悪な魔法が存在する世界では邪悪でない魔法も存在する。 邪悪とそうでない魔法の差はその目的にある。 邪悪な魔法は世界を歪ませる反面、非常に強力な魔法で、誰にでも使うことが出来る。 さて、僕らの生きる世界での魔法とはな…

悲しい

どうやらこの世の中には読み方がそれぞれあるらしくて、それに気がつかずにいる人が多いらしい。 読み方は目的によって変わるらしい。 目的に合った読み方をせずに評価をする人がいるらしい。 その評価を鵜呑みにする人がいるらしい。 鵜呑みにする理由は、…

よろしく

例えば僕が浅野いにおの出している漫画の大体を持っていて、読んでいて、それが大体好きだったとしても、僕は世の言うところのサブカル系では決して無いのです。少し前までアメスピを吸っていて、少しだけ有名で世間では全くの無名であるバンドが好きで、塩…

公園ゲートボール会場化計画

邪悪な科学者を目指すうえで最初の仕事を決定した。 科学者は総じて体力がないと決まっている。体力のある科学者なんて科学者じゃない。 いくら理屈で戦っても、体力と筋肉には勝てない運命にあるのだ。 なので私はまずジムを閉店に追い込んでそこにハンバー…

邪悪な科学者を目指す

邪悪な科学者になることにした。悪の科学者じゃなくて邪悪な科学者。 とりあえず算数も出来ない現状では科学者にもなれないので7の段から勉強しようと思う。 中学課程を終えれば科学者くらいにはなれるだろうし、あとは私が持つ邪悪の才能ってものを使えば関…