ねえ夢みたいな心地

=2.Twitter@CafeNhaao

感想文「僕の一日を読んで」

センスなどという暴力的な言葉で傷ついた人がどれだけいるのだろうか、なんてセンスのない人間を見ながら思う。皮肉というよりはセンスの贅肉だと表現したほうが正しいのではないだろうか。

色々と、やりたいことが上手く運ばなくて精神が闇に足を突っ込むと様々なアイデアが浮かんでくる。これは普通に皮肉だと感じる。

一日に一食だけする。水分だけは無駄に摂る。おそらく食欲性欲睡眠欲は極限にまで削ぎ落とされたこの身体は、刻々と無に近づいているのだろうと思う。これは何かと問われたら生への怠慢だと答える。まだ死ねないのでせめてもう少し食べようと思うのだがどうにも上手くいかない。

今している勉強が面倒になってやらなくなったので他の事を学ぼうと考え、少し前にもやっていた心理学やメンタリズムの勉強をする。

その際に学んだ瞑想を実践するも頭痛が起きたのでメンタリストA氏に対する憎しみが少しだけ出てくる。前に通っていた大学の先輩に借りていた心理の本を返す機会を逃していることを思い出す。

本を返したらもうサークルや大学関連の人達に会う理由が無くなるので早く返したい。

だけどTwitterで悩みがありげなツイートをしていた友人を思い出し相談に乗りたいと考え始める。どうせ会わないだろうから思考の空費である。

友人だと思っていた奴が僕を含めた3人のグループラインから抜けたことを知る。残りの友人だと思っていた奴も後を追うかのように抜けていたのも知る。理由は一つだけ思いつくもののそんなものかと落胆にもならない様な溜め息をつく。全く傷ついていない自分に傷つく。

煙草を吸わなくなる。最低限にしか外へ出ていないから当然か。当然というよりは必然かもしれない。

眠る。

つまらない。