読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の思考

頭の中にある嘘か本当の事を書きます。Twitter@CafeNhaao

僕には友人がいる。もう何年の付き合いか数えるのも面倒なのでただ長い付き合いだということだけ書いておく。

社会的に素晴らしい見た目を手に入れるのに、継続だとか僕にはできないことを色々としてきた友人は何を目指しているのか分からないけども、まあ社会的に彼は素晴らしい人間だし、これから素晴らしい人間になる為の器量を持ち合わせている奴だと僕は思う。(絶妙に必要な感覚が足りてない気もするけど)
その友人はやはり素晴らしい器量を持ち合わせているので、僕はこう思うのである。
「これ僕が成功するパターンだ」
ロクデモナイ奴がやりたいことをできるのは最早お約束という奴で、大抵素晴らしい奴は何もできないものである。
しかし僕には一つ心配な点がある。
「僕の方が本質的に素晴らしい人間だったらどうしよう」
もし仮に僕の方が素晴らしい人間だったとする。すると先ほどの理論で物事が運べば僕は社会的にも自意識的にも何もかもが本質的ロクデモナイオトコになってしまう。
そこの判断は誰にもできないことで、とてもムツカシイものなのだ。
それを考えるだけでも恐ろしくなりおちおち眠れもしない。(僕は精神的な不安に陥ると眠れないきらいがある)
だから友人よ、どうかそのまま君は社会的地位を守って僕をこの世界のお約束通りに成功させてくれ。誕生日おめでとう。