ねえ夢みたいな心地

=42.Twitter@CafeNhaao

今考えていることと書きたいこと

自分で見つけた通学路をくぐっていく。他の子達と一緒なのは最後の直線だけだよ。他の子どもなんていなかったけど。

つまらない人生と自称自由教育が産み出したものは、どうやらこの社会が望んでいる人材のようで。社会的な個性的人物が彼らのお好みらしい。

みんな変人、天才といった型を持っていてその型に合わない者は馬鹿か阿呆もしくは勘違い野郎で、そんなカテゴライズをしたりさせたりしてる奴は愚か者と言うらしい。

彼が通ってきた自分の通学路は、風に引きずられてきた花びらや、凍りついた坂道に足を滑らせるような道だった。だから彼は昔から桜も雪も嫌いなんだ。

女子の漏れるような笑い声が終業を知らせる鐘の音と一緒に聞こえてくる。

そんな彼は今はなにも知らずに帰ろうとしている。近い未来、馬鹿で阿呆で勘違い野郎の愚か者になっておまけに怠け者になるらしい。