読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の思考

頭の中にある嘘か本当の事を書きます。Twitter@CafeNhaao

荷造り

執着は醜いものだと感じる。(内なる邪悪な科学者がここで執着と醜悪でラップをしろと叫んでいる)

とりわけ生への執着なんて必要ないと思う。

もともと命に価値なんて感じていない。僕は僕であればよかったしそれを探していて、自身の証明さえ出来たのなら死んでいいと考えている。

自分が自分であることの証明なんて誰なら可能なのだろうか。

不可能だと感じる。不可能性の証明は出来ない。

唯一の生きる理由が無くなったのなら、足掻くか諦めるかだと思う。

 

どうしたって変わらない事実として、僕と町を歩く人達には根本的な差異がある。だけどもそれを口にすることは町からするとただのイタい奴でしかなくて、つまり落伍者の言い訳にしか見えないことを知っている。

自分が不可知論者だとは思わない。

一般的に考えられる神はいないと思っている。

神がこの世界の創造主とするなら、神を創り上げたのは人間の畏れと認識でしかない。

今までこんな簡単な主張が出来なかったのは、間違いへの怖れがあったからだと考える。(内なる邪悪な科学者が「さしづめミススケアリーといったところだな」と小粋なジョークを挟んでくる)

ミススケアリーとはたまに会うくらいの関係だったけど、しばらくお別れしようと思う。

ぐっどばいミススケアリー。なんだかミス、隙ありみたいな名前だね。僕の中に矛盾を作ってくれてありがとう。

何故か『なみだくんさよなら』を思い出す。