ねえ夢みたいな心地

=42.Twitter@CafeNhaao

夜天

夜に散歩をするのが好きで、僕は田舎に住んでいたからそれなりに星が見えた。

曲を聞きながら散歩をする。

今日の夜は境界線が不安定な波打際みたいだった。

歩けば歩くほどにここじゃないどこかへと飛びそうになる。そのどこかへと意識を深めるのがイヤホンから流れる音楽で、そして嫌でもここへ戻そうとするのもその音楽だった。

 深く、深く潜ろうとする。体が軽くなる。

一瞬、宙に浮いた気がして怖くなった。このままあの星に手が届いてしまったらと、そう考えた。