ねえ夢みたいな心地

=42.Twitter@CafeNhaao

光よりも速く

放課後、球を弾く音と下手くそなAが聞こえる。窓の隙間からは弱い風が入ってきてプリントを飛ばそうとする。眠くなったから寝心地の悪い窓側の机で眠る。

最終下校時間の鐘で目がさめると外は暗いから窓が教室を写していて、それでも窓を覗くと体育館で部活をしていた人たちがぞろぞろとグランドを歩いて帰ろうとしている。

部活終わりの暇そうなクラスメイトが、数名この教室でお菓子を食べながら話をしている。

帰宅の準備をしていると見回りの先生がやってきて僕たちに早く帰れと準備を急かす。

下駄箱でクラスメイトと先生の愚痴を言い合う。

そして正門で挨拶を。また明日。