ねえ夢みたいな心地

=2.Twitter@CafeNhaao

アメリカの少女と覗けば

世の中に対して不満ばかりを抱くのは理想の世界を自分の中に持っているからで、だけどもその理想とはかけ離れた場所に現実があるからだ。と思う。

理想の世界に近づける人間ってのはきっと僕みたいな面倒くさがりじゃなくて、きちんと計画を練れて、それを実行できる人間なんだ。

多分今みんなが一番恐れている言葉は"手遅れ"って奴で、手遅れにならないように努力する奴と、手遅れだって認めるのが怖くて手遅れじゃない前提で努力する奴と、もう手遅れだからってなんもしない奴がいて、じゃあ君はどれ?って聞かれたらどうしても答えが見つからないから、もうどうしようもないくらいにぐちゃぐちゃになる。

この話をややこしくさせてるのが、根拠の無い自信を生まれた時から所持してるってことで、まじでもう一向に上がる気配の無い株を売らずに、しかも他人は誰一人として買わないって状況が死ぬまで続くから怖い。

胸が詰まってため息が出るようなステキな文を書きたいけど、どうしたってネガティブな思考が土台にあるから足の踏み場の無い部屋を歩くみたくなる。

目が向くのは欠けた部分と足りないなにかで、もうすでに持っているものには感謝も何もないよ。

ああ、そんなことどうでもいいのか。